新型コロナウイルスの蔓延に伴う緊急事態宣言下にあるなか、『ノロウイルス感染症』や『インフルエンザ感染症』などが気になる季節になってきました。
 さざなみ苑では、感染対策委員会より「より一層安全な感染対策を行う」を目的とした『防護ガウンの着脱訓練』を実施しました。

 委員会の山口栄養士を中心に、感染源に対応する際の『防護服・手袋・マスクの着脱方法』や『着脱の順番』『脱衣後の処理方法』等の手順を再確認しました。

 参加職員の中には「忘れていた」「勘違いしていた」等の意見もあり、各々が曖昧になっていた部分を明らかにして、今一度修正する機会を得られた訓練でした。

 今回の訓練を繰り返し実施し、感染予防に努め、感染に対する危機意識を持ち続けていくことが大切だと考えています。さざなみ苑の取り組みを他事業所と共有連携して、法人全体の感染対策を推進していきます。

社会福祉法人 有隣協会
更生施設 さざなみ苑
感染対策委員会