さざなみ苑では、コロナ禍で様々な施設内行事を休止としていますが、入所者から「何か楽しい行事はできないのか?」等の意見や提案を受けてきました。行事担当指導員の発案により、「3密を避けつつ苑内の誰もが楽しめる行事」として、メダル獲得数の一番多い国を記載して投票するという『2020オリンピック・パラリンピック 優勝国当てクイズ』を開催しました。

 オリンピック・パラリンピックに参加する国や地域の中には、普段あまり耳にしない国や地域もあり、テレビや新聞の報道を通じて、そこがどのような国・地域であるのか興味関心を持つきっかけにもなれば、社会の動きに対しての興味関心に繋がることにもなります。
このクイズ企画で、正解者の中から5名に、施設長より賞状と記念品+笑顔が授与されました。

 どんな状況にあっても、工夫を凝らして入所者の笑顔が見られるように「考え、実行し、結果を得ていくこと」が、施設職員としての仕事の醍醐味ではないでしょうかね。

社会福祉法人 有隣協会
更生施設 さざなみ苑
職員一同