毎月第3日曜日は、仲六郷4丁目町会の古紙回収の日です。

この古紙回収の町会行事は、何十年も前から有隣協会として地域とつながり、「顔のみえる法人」として大切にしている行事です。8月の古紙回収は、いこいの家から市園館長、ゆうりん仲六郷から薄管理者と高橋ケアマネージャー、すまい確保事業から米澤職員、事務局から池田職員と和田職員、はるかぜからは福島が参加してきました。

昨年度から今年度のこのような状況の中、『夏祭り』『子供神輿』『六郷とんび凧』などなど、あれほど賑やかだった町会行事が中止となり、「子供たちの笑顔が見られなくなったこと」、「町会の皆様と会う機会もほとんど無くなってしまったこと」など、とても切なく思っております。

また、有隣協会は『仲六郷4丁目町会交通部』という役割も地域で担っています。昨年度と今年度の功績が認められ、蒲田警察署より感謝状を頂きました。

左:有隣協会 小又理事長 右:仲六郷4丁目町会 西尾会長

今後も交通部での活動を通じて、「少しでも地域の皆様が住みやすい環境の提供」に寄与していくと共に、有隣協会の福祉というものを地域で醸成し、「より良い街づくり」に取り組んでまいります。

社会福祉法人 有隣協会

都市型軽費老人ホーム はるかぜ

          施設長  福島 彰太