7月7日(水)Dreams Come True(夢は叶う)の日改め七夕の日です。
千寿苑では、利用者と職員で七夕に向けて装飾を楽しんでいます。
 毎日雨が続いて気持ちも沈みがちですが、彦星と織姫のために利用者が装飾品を手作りしています。
 1階の廊下には『天の川を模した装飾』を行いました。青い模様(天の川)にぶら下がっているのは利用者が作った装飾です。

 職員も負けじと、1階事務所前の壁に『彦星と織姫を模した装飾』を行ってくれました。素敵ですね~♡。ただいま千寿苑は、とてもよい雰囲気です。

 利用者や職員が七夕の装飾を盛り上げてくれているので、施設長も「できるかぎりよい笹を提供したい!」との思いから、実家のある八王子へ行って本物の笹を頂いてきました。やはり本物の笹は雰囲気も良いですね。これで準備は完璧‼

 あとは、笹を玄関に設置して利用者と一緒に飾りつけです。この暗い世の中を少しでも明るくするために、願いを込めてきれいに華やかに装飾しま~す。
 装飾が完成した写真もアップするので、期待して待っていてください。

 利用者と職員は、本物の笹を手に嬉しそうです。
 千寿苑は上野公園に近いので、生まれたパンダに笹を食べられないように気をつけます。

社会福祉法人 有隣協会
養護老人ホーム 千寿苑