今年は124年ぶりに「節分の日が2月2日」となりました。本来であれば、浜川荘においては、施設内では邪気を払うため、福を招き入れ、利用者さんの健康や幸を願い、豆まきを行っております。また、浜川荘近隣にある保育園において、職員有志が鬼に扮して豆まきが行われております。

 世界的に新型コロナウイルス発症者が急激に増加し、日本でも緊急事態宣言が発せられたコロナ禍にあるため、浜川荘の豆まき行事は中止となりました。

節分の行事食『恵方巻、節分蕎麦』

 しかし、「利用者の皆様の健康や幸を願う気持ち」は例年以上に募り、また、様々な行事等も中止となっている事から、利用者のお一人おひとりの気持ちが少しでも和むようにと、2月2日の昼食に『恵方巻、節分蕎麦』をお出ししました。  

一日も早い新型コロナウイルスの終息を願い、“疫病退散!!”

更生施設 浜川荘
指導員 髙木 俊治