有隣協会では研修委員会を組織し、今年度も法人研修を複数回開催しました。私、福岡も研修委員として運営に携わりました。

2018年6月27日、『施設における感染症対策について』を開催し、専門職である施設の看護師を講師として感染症を学びました。

12月には浜川荘で開催した『ノロウイルス実技演習』に各施設から職員が参加し、更に理解を深めることとなりました。

詳しい内容は、『社会福祉法人 有隣協会 ブログ』をご覧ください。

http://yurin-blog.com/

2018年11月8日には、『社会福祉施設における防犯対策について』を開催しました。

不測の事態は災害だけではなく、外部からの不審者の侵入に対してどのような対応ができるのかが必要です。当日は、警視庁深川警察署生活安全課 防犯係統括係長 鈴木勝行警部補と他1名を講師としてお招きし、教材DVDや講義を基に「各施設における状況」や「自分の施設で活かせる対策はどのようなものなのか」を共有しました。

貫録ある鈴木勝行警部補の講義風景

サスマタの実践指南を受ける、さざなみ苑:森指導員(力強い!!)

2018年11月21日には、『個人情報保護法について』を開催し、内閣府個人情報委員会の方を講師としてお招きしました。当日は、「個人情報保護法及びH29年の改定内容」「個人情報とは」「事業所が守るべきルール」等を学びました。個人情報の取扱いについて理解し、漏洩事故等を起こさないように気を引き締める機会となりました。

2019年2月20日には、『利用者支援~困ったケースについての検討』を開催しました。施設の種別を問わず「利用者に暴言を吐かれた」や「怒らせてしまった」等々、利用者と接する中で対応が難しいと感じたことは誰しもあることでしょう。どう対応すれば良いか一人で悩み、抱え込んでしまい、身動きが取れなくなってしまうこともあるのではないでしょうか。

皆、真剣に講義に聞き入っております

自立支援センター台東寮で心理相談やアセスメントを行っている逵(つじ)心理相談員を講師とし、入職5年未満の職員が「対応に苦慮した経験」について共有し、今後の支援に活かことを目的とした研修としました。

熱弁をふるう、台東寮:逵心理相談員

カンファレンス形式で参加職員は活発に意見を交わし、支援職としての気づきを得ることができました。

有隣協会の研修委員会では、職場環境及び職員スキルの向上の為、来年度も引き続き、様々な研修の機会を設けたいと考えております。

社会福祉法人 有隣協会 研修委員会

福岡 隆博(台東寮 主任指導員)