2018年7月、毎年恒例の潮見1・2丁目町会の『夏祭り納涼大会』が開催され、さざなみ苑では盆踊りと神輿巡行のお手伝いに参加してきました。

今年の日程は、2018年7月27日(金)と28日(土)が盆踊り大会、7月29日(日)に神輿渡御が行われる予定でした。



しかし異例のコースを進んだ台風12号の接近に伴い、27日の盆踊りは実施して、28日の盆踊りを中止、29日にコース変更した神輿渡御と盆踊りを行うことになりました。
そして29日の日曜日、朝方はまだ雲が残っていましたが、神輿渡御が始まると、地元消防団が消火栓から放水! 全身ずぶ濡れで進んでいきます。





われわれ、さざなみ苑の職員はというと・・・
神輿の担ぎ手が横に広がりすぎないようにロープを張って安全確保を行いました。



また、放水を一緒に浴びるので、当然ずぶ濡れです。


左より、茂呂指導員、森指導員、石黒指導員

さざなみ苑の職員も神輿の担ぎ手としても参加させていただき、巡行ルートでは地域の人からも水をかけてもらったり、食事を振る舞われたりしました。全身びしょ濡れになりましたが、大変気持ちがよく、地域の皆様の活気の高さを感じることが出来ました。
潮見地域の一員として、その一端をお手伝いする事が出来たことを大変喜ばしく思います。また、地域に在る社会福祉法人として「地域と共に何が出来るか?」を、今後も考え続けていきます。

更生施設 さざなみ苑
主任指導員 林 崇

【潮見祭礼会FB】
 https://www.facebook.com/ShiomiSaireikai/