突然ですが、アップくんをご存知ですか?
もし、知らない人はこれを機会にぜひ知っていただきたいと思います。

アップくんとは、平成30年6月より新たに導入された介護予防機器(通称「アップくん」)なのですが、今回は、そのアップくんを使って、体操を実施したときの様子を記事にしてみました。

平成30年6月にアップくんが…

平成30年6月、介護予防プログラム搭載機器、「アップくん」が大田区で山王高齢者センターや各館いこいの家へ導入されました。

このアップくん、体操だけを行う機器ではなく、脳トレも行うことができるのです!

テレビ番組内で、間違い探しをする場面、見たことありますよね?
そんなプログラムが搭載されているということです。

踊りや合唱もありますので、とても楽しく参加することができると思います。

唯一無二のプログラムとは…

今回の実施場所は、山王高齢者センターです!
6月30日(土)に開催したプログラムになりますが、今回のプログラムでは、椅子に座った状態で行う体操と立った状態で行う体操を実施致しました。

アップくんは、200プログラム以上搭載されている機械なのですが、
その中から、数プログラムを独自の視点でピックアップし、
この度、参加される皆様にご提供させていただくことになりました。

スポーツジム並みのスケジュール!?

この日は、午前の部と午後の部に分け、小刻みにスケジュール化をすることで、
いつでも参加できるように数十分単位で行う体操も多く取り入れてみました。

内容は、身体を使った体操だけではなく、脳トレーニング(脳トレ)を織り交ぜることで、
全体的に変化を与えていくことを意識してみました。

介護予防は、運動するだけではなく、頭のトレーニングをすることも重要ですから、
そういった意味でも、この介護予防機器(アップくん)に搭載されているプログラムは、介護予防の新しい救世主になってくれるのではないかと期待しています。

フレイルを侮るのはダメ!そのフレイルって??

「フレイル」を簡単に言いますと、「からだ」の機能が低下してくると、「こころ」が影響を受けやすく、気力が下がってくることを言います。

気力が下がってしまうと、様々なことに影響してくると思うのですが、特に食生活に影響がでると、栄養が偏り、ますます筋力低下するといった、負のスパイラルに陥ることがフレイルの特徴のひとつになります。

実は、このフレイルは、非常に厄介で、突然訪れることも珍しくありません。
自分は大丈夫と思い、長い間運動を怠ってしまうと、不意打ちのようにやってくる可能性もあります。

ここで、人間の根幹である、「こころ」の機能を充実させるためにも、定期的に体操をして、身体に対して「アクション」を起こしていきたいところです。

そのため、皆さんが、少しでも参加しやすい形に、そして、少しでも参加したいと思われるように、今回は、アップくんを使った介護予防プログラムの第一弾!といった形でご提供させていただくことになりました。

また、老人いこいの家各館でもアップくんを使った新しい介護予防体操が始まっていますので、興味のある方は、このページの下↓にお気軽にお問合せいただけるとありがたく思います。

介護予防を習慣化できれば…総評

何事もそうですが、予防をすることが大切だと思います。
普段から集いの場所で、知り合いを作ったり、社会参加をすることや体操教室の場所へ出向くことで、後々、それが習慣化されてきます。

実は、その習慣化がポイントで、「継続」することが大切です!

ただ、自らの意思で継続することは難しいのではないでしょうか?
そのための場所、そのための施設が、山王高齢者センターであり、大田区いこいの家でもあります。 

健康維持にはお金がかかると思うかもしれませんが、ここに参加する場合、その心配はご無用です!

いつも無料で参加できます!

どうぞお気軽におこしください!
職員一同、お待ちしています!
不明点等ありましたら、まずはお気軽にご連絡ください。
連絡先は以下に記載しておきます。

電話・FAX:03-3776-9419 
山王高齢者センター館長 槇島秀幸