「お祭り」と聞いて皆さんはどんな事が思い浮かびますか?

私にとってお祭りは、子どもの頃友達と神社に行って出店で食べ物を買ったり、普段は話す事のないクラスの女子とお話をしたりと「お祭り=わくわく」でした。

そして、子どもだけではなく周りの大人たちもなんだか楽しそう…
そんな活気がある雰囲気が好きでした。

今回は、6月8日~10日に開催された六郷神社例大祭に伴う東六郷二丁目町会のお祭りに参加させていただきました!

まず驚いたことは、地域の方々の熱気!!

子どもも大人も世代問わずに町全体が盛り上がっている、盛大な印象が心に残っています…

六郷神社 六郷地区のお祭りは随一!?

このお祭りは、六郷地区のお祭りとして、毎年恒例行事になっているようです。
5年に一度の本祭の年は、六郷神社から一之宮神輿が渡御します。

今年は本祭の年ではありませんでしたが、六郷14町会で約40基のお神輿が六郷神社に担ぎ込まれて「みたま入れ」が行われました。

お祭りの賑わいは、今も昔も城南地区随一と言われているようです!

子供たちの誘導などのサポート役に…


<担ぎ手の子ども達に拡声器を使い指示を出す今村さん!>

地域の方との交流を更に深めたいという思いのもと、何かお手伝い出来ないかと当施設が所在する東六郷2丁目町会の方に申し出たところ、隣接する「ひまわり児童公園」が子ども神輿と山車の休憩地点となるとのことで、当日は地域の方と一緒に子どもたちの誘導をはじめとするサポート役をすることになりました。

今回はたくさんの地域の方にお世話になったのですが、中でも町会の役員さんで、この子ども神輿の責任者である今村さんには大変お世話になりました。

お神輿到着!凄い賑わいです!!

賑やかな笛と太鼓の音に合わせて子ども神輿と山車が休憩地点に到着した時の様子です!

当日は天気にも恵まれ晴天で、強い日差しにも負けずにみんな一生懸命!

子どもはジュース、大人はビール!?でしっかりと水分補給する中、地域の方々と一緒に職員もサポート頑張りました!

東六郷いこいの家の職員も参加させていただきました!

地元で暮らす内田職員は大のお祭り好き!
翌日の日曜日は、ご自宅に多くの地域の方を招き、ご家族でお祭りを楽しんでいました。

私もその場にお伺いしたいと思い、生まれも育ちも六郷である入新井いこいの家館長(下左から2番目)と一緒にその場にお邪魔して、地域の方との交流を図ることが出来ました。

美味しい煮込みやカレーライス、から揚げをいただきました。美味しかったです!

六郷のお祭りに参加してみて…総評です

この三日間で、地域の方々のお祭りに対しての熱い想いと直に触れ合うことが出来ました。

子どもから大人まで、世代を問わず皆がこの日を待ちわびていて、「お祭り」は地域のみなさんにとって住民同士が繋がれる大切な行事だと感じることができました。

当施設では、これからも世代問わず地域の方々と様々な繋がりを持たせていただき、地域にとって本当に必要とされる施設運営に取り組んでいかなければならないと、再認識する三日間となりました。

また来年もこのお祭りに関わらせていただき、六郷地区の方々の人情の厚さに触れることが出来たら最高に幸せです!

私たち「社会福祉法人 有隣協会」は、地域福祉の拡充に向けて、地域の方々と喜びも悲しみも分かち合い助け合いながら、地域に根差した法人となるため、地域にとって必要とされる取り組みを積極的におこなってまいります。

東六郷老人いこいの家館長  中島 禎