2016年2月24日(水)に、更生施設さざなみ苑にて、法人内で働く職員の相談業務のスキルアップを図る目的で『相談対応の技法と注意点』の勉強会を開催しました。
 今回の勉強会では、『相談業務にあたる際の心構え』や『利用者の相談を聞き、必要としていることの把握』、『利用者を客観的に見て、必要な援助に繋げるための正しい知識の習得』を、相談援助を行う経験が少ない職員を対象に行いました。
 当日は、更生施設さざなみ苑の塩崎施設長を講師とし、当法人が受託している大田区老人いこいの家の所長6名、施設職員3名が参加し、実際の相談事例を職員間のグループワークにて話し合い、「相談者が伝えたいことをいかに聞き取るか」や「いかにこちらの意図を伝えるか」と、『聞き手の注意点』を考えました。
 参加した職員からは、「実際の現場で体験した相談事例なので解りやすく学べた」や「利用者の心配ごとを“引き出すこと”が大切だと気付いた」、「実際の事例から学んだため、どのように相談にのったら良いかのイメージがつかめた」などの気付きがありました。
 今回の勉強会の内容を職務に落とし込み、日々の研鑽に努めていきます。いこいの家を利用する皆様で、「相談したいこと」や「わからないこと」、「誰かに聞いてもらいたい話」は勿論ですが、「相談しづらいこと」でも構いませんので、お気軽にいこいの家の職員へ相談してください。