2018年1月27日(土)、更生施設浜川荘では、地元の勝島町会と共催で毎年恒例の『新春行事』を行いました。地元町会の皆様には、施設横のJR住宅敷地内で“おしるこ”と“豚汁”を振る舞いました。



今年は記録的な寒波による厳しい寒さで、当日の会場界隈も数日前に降った雪が凍って残っている状態でしたが、町会の方々が中心になって除雪作業を行い、安全に行事が行えるよう設備を整えました。その甲斐もあってか、たくさんの方々が来場し賑わいました。



【浜川荘職員で配った“おしるこ”は210食になりました】

この行事は、地域住民が顔を合わせ、親睦を深める貴重な機会となります。私たち有隣協会は、「住民同士がお互いを見守り支え合う地域力の向上」に貢献できるよう、これからも取り組んで参ります。

更生施設 浜川荘
指導員 川内 伸彦