平成29年5月30日、浜川荘で『ポールウォーク体験会』を開催しました。
ポールウォークとは、その名の通り二本のポールを使ったウォーキングです。安定した状態で立つことができるため、歩行姿勢の改善が可能になります。また、無理なく普段より広い歩幅で歩けることや、上半身を使ってポールを動かすため全身運動の効果もあります。
浜川荘では、入所者の皆さんが「楽しく健康に日々を過ごす」を目的に、ポールウォークをクラブ活動の一つとして提案することとしました。
今回は、ポールウォークのコーチ資格者である当法人の羽田館長(大田区の公共施設「ゆうゆうくらぶ新井宿」)を講師に迎えて実施しました。
①準備運動
準備運動もポールを使って行います。

②効果的なポールウォークの歩き方の練習
最初は手と足の動きに戸惑いましたが、だんだん慣れてきました。

③しながわ区民公園をポールウォークで散策
新緑の中を歩くのは気持ち良かったです。


④終わりのストレッチ
運動後のケアも、しっかり指導を受けました。

参加者からは、
「公園内の散策が気持ち良かった」
「施設は個室のため人と交流が少ないので、こういうイベントを通じ人と話すことができる」
「普段こんなに長く歩かないので疲れた」
との感想が聞かれました。
これからも浜川荘では、入所者の皆さんが「楽しく健康に日々を過ごす」ための支援を考え、取り組んでいきます。