こんにちは!大田区大森東老人いこいの家 館長の竹本です。

夏休みの企画として、いこいの家3館

・2017年8月19日 入新井老人いこいの家
・2017年8月29日 東糀谷老人いこいの家
・2017年8月31日 大森東老人いこいの家

にて、ものづくりを通した多世代交流を目的に、
それぞれの館の近隣児童館の子供達、子育て世代のママ達、近隣の高齢者の方々と一緒に
『パラコードブレスレット作り』を開催しました!


パラコードブレスレットって・・・初めて聞いた方もいるのでは?^^

なっ、なんと!!

第二次世界大戦中にパラシュートの吊ヒモとして使用された
太さ約4mm耐荷重が約250㎏もあるとても丈夫な
ナイロン製のヒモ(パラシュートコード)を材料にしたアクセサリーでなんです!

1本のヒモを編み込んで仕上げているので、
普段はおしゃれなポイントに
災害時にはロープの代わりにもなる優れものなのです!

その時に使ったのが………このカラフルなヒモで~す♪♪

ジャジャーーーン


さて、この丈夫でカラフルなヒモ(2.5m)とバックルを使い、三世代がそろったところでブレスレット作り開始!!


当日は、私たち有隣協会の職員と、児童館の職員あわせて7~8名が先生となり作り方を伝授!!
各館30名以上で広間を埋め尽くす大盛況!
(あちらこちらから呼ばれて大忙し…汗)



ふと…気が付くと、いつの間にか子供達が高齢者やママ達に教えたり、
高齢者やママ達が子供達に教えたり、三世代が交流しながら楽しそうに
ブレスレット作りをしていました♪♪

最後には、みんなの完成したブレスレットを“パチリ★”とつなげて、
『丈夫な絆』・『笑顔の輪』ができました(^O^)


夏休みの企画を終えて…
三世代が『丈夫な絆』・『笑顔の輪』で繋がることができました(^O^)
また、この企画を通して、
私たちが社会福祉法人有隣協会の職員であると知ってもらうこともできました♪

この世に生まれて半世紀の私ですが((+_+))

人はひとりで生きていくものではなく、喜びや悲しみを分かち合いながら
共に助け合って生きているんだ!!!
と改めて実感しました(^O^)/




大好評につき♪第二弾♪企画中♪

大森東老人いこいの家
館長  竹本 法恵