台東寮では、様々な地域活動に参加しています。下半期の主な参加行事を振り返ると・・・。

【11月】
2017年11月5日(日)、地元の北上野一丁目町会を含めた『六町会合同の防災訓練』に参加しました。いつ起こるとも判らない災害時に、職員が即応出来るようにするとともに、地域の方々との協力関係を築くことが目的です。
また、幸いなことに、開設から対応事例はございませんが、台東寮では、事務室に『AED』を常備し、職員も『上級救命講習』を受講する等、施設内の利用者対応と併せて、施設周辺での急患にも備えております。



2017年11月21日(火)、6月に続き、巡回相談事業の管轄エリアである北区内の『荒川下流河川敷での合同巡視』へ参加しました。国河川事務所、東京都、区役所、警察署の職員、台東寮の巡回相談事業担当職員が路上生活者への声かけを行い、生活・健康状態の確認とともに、路上生活からの脱却を促しました。


路上生活者への声かけについては、巡回相談事業で日々実施するとともに、定期的に地域の方々と合同で管轄エリア内を実施しています。

【町会での活動】
毎年の夏には『早朝ラジオ体操』の手伝い、冬には『年末の夜間地域パトロール』等々、様々な町会活動にも参加しております。
 
【地域美化活動】
台東寮の自主活動として、毎日朝夕の時間帯に、地域美化を目的とした『施設前面歩道と歩道の植栽内のゴミの除去作業』を行っています。


【地域防犯活動】
施設職員の業務時間の外出時には、区から借り受けた『防犯用被服を着用した地域パトロール』を実施するとともに、施設扉には、『子ども110番』のステッカー等を掲示し、近隣の皆様に対する『安全・安心』を提供しています。



自立支援センター台東寮では、平成30年度も「社会福祉法人として地域貢献となる様々な活動」を継続していきます。

自立支援センター台東寮
統括主任  福岡 隆博