2017年11月から12月にかけて、法人内の常勤職員を対象とした『職員基礎研修』を開催しました。

歴代理事長の写真と法人理念の掛軸と・・・第6グループの参加者



今回の研修は、「自身が属する法人の歴史を知り、法人の先人たちはどのような努力をしてきたのか? また、未来に向かって何が求められ、何をしていくべきか?」を、全職員で考えて共有することを主目的として実施しました。

当時の『ポッポの家』の図面・・・小又理事長と第1グル―プの参加者

昭和27年当時の『社会福祉法人有隣協会 設立 趣意書』




1日目 2日目 参加者数
第1グループ 11月8日(水) 11月9日(木) 11名
第2グループ 11月15日(水) 11月16日(木) 10名
第3グループ 11月29日(水) 11月30日(木) 8名
第4グループ 12月6日(水) 12月7日(木) 8名
第5グループ 12月13日(水) 12月14日(木) 10名
第6グループ 12月20日(水) 12月21日(木) 10名



上記の日程で、「事業所間の連携」を推進するために、各施設から1~3名の参加者でグループを構成しました。今回の研修を企画するにあたり、前述の目的と同様に「記憶に残るコンテンツにしたい」や「何かを考えるきっかけを掴める研修にしたい」という想いがあったため、座学研修ではなく以下のコンテンツを中心に行いました。

・施設見学(大田区内各事業所、自立支援センター、養護老人ホーム、更生施設)
・業務体験(介護予防体操、ポールウォーキングなど)
・給食試食会(都市型軽費老人ホーム、養護老人ホームの内部給食)
・ディスカッション(社会福祉法人、有隣協会、法人理念、法人の課題)

介護予防体操①・・・第2グループの参加者

介護予防体操②・・・第3グループの参加者

パラコードブレスレット作り①・・・第6グループの参加者

パラコードブレスレット作り②・・・第2グループの参加者

ポールウォーキング①・・・第5グループの参加者

ポールウォーキング②・・・第4グループの参加者

小又理事長を交えたディスカッションでは、「法人の歴史」や「法人理念の解釈」をはじめ、「法人の抱える課題」や「法人の進むべき方向性」などの話にも触れました。参加した全職員が『有隣協会が進むべき方向』を考えるきっかけを持てたのではないかと思います。




有隣協会では、職員研修や勉強会を通じて『社会福祉法人の使命を全うするためには、何をすべきなのか?』を考え続けます。

社会福祉法人 有隣協会
職員基礎研修実行委員会
座長  塩崎 審治(さざなみ苑)