2015年6月30日(火)に、東六郷老人いこいの家の主催で、地域の方々を対象とした『交通安全講座』を行いました。

本年の6月1日に道路交通法が改正したことを踏まえ、「法律の何が変わったのか?」「どのような自転車の走行が違反となるのか?」等を改めて確認してもらいたいと考えたため、いこいの家に来館される方の他に、東六郷二丁目の町内会掲示板や、地域包括支援センター六郷東の協力を得て告知し、地域の方々に参加していただきました。

当日は、警視庁蒲田警察署 交通課 交通総務係 係長 警部補 吉田 伸一郎 氏を講師に迎えて、地域からの24名の参加者に『交通マナー』の講義を行いました。具体的な内容は、「大田区内は自転車の事故が多い」、「道路交通法は変わっていないが、違反行為に対する取り締まりが厳しくなった」、「違反内容と実際の自転車が守るべき交差点の横断方法」等、自転車の走行に関する交通マナーの説明でした。

ikoi_270630



参加者からは、「説明がわかりやすく、よく理解できた」や「法改正の不安が軽減された」という声と、「普段から傘差し運転はしないが、今回の改正を知らずに傘を差して運転する人が多くて怖いね」といった声もあり、まだまだ交通ルールの遵守が浸透されていないことに危機感を持つ方も多数いらっしゃいました。

普段の生活に“何かと便利な自転車”ですが、一歩間違えば歩行者や車との事故に直結し、今後の生活が大きく変わってしまう恐れもあります。このホームページをご覧の皆様も、今一度『自転車のルール』や『交通マナー』について確認していただき、“安全運転”で日々をお過ごしください。



東六郷老人いこいの家
所長 満生 英治

・交通安全講座 資料1(自転車運転者講習)

・交通安全講座 資料2(蒲田自転車交通安全情報)