2016年1月26日(火)に、入新井老人いこいの家で『認知症サポーター養成講座』を開催しました。
認知症サポーターとは、何か特別なことをする人ではありません。認知症の人やその家族を温かく見守る『応援者』として出来る範囲で手助けをする人です。
今回は、講師にさわやかサポート入新井の幸崎さんをお招きし、以下の内容についてお話しいただきました。

さわやかサポート入新井:幸崎さん



・地域包括支援センター(愛称:さわやかサポート)の役割
・高齢者の現状
・認知症を理解する
・認知症の診断・治療
・認知症予防
・認知症の人と接するときの心がまえ

講座終了後、認知症サポーターの証『オレンジリング』を掲げる参加者たち




60名の参加者からは、「自分も知り合いも“いつ認知症になるか分からない”ので、正しく理解することができて良かった。」や「講師の幸崎さんの話が丁寧だったので、大変分かりやすかった。」、また「さわやかサポートの職員さんを知ることが出来たので、相談に行きやすくなった。」等、多くの好評をいただきました。

オレンジリング