2018年2月2日(金)、更生施設浜川荘では季節の行事として『節分の豆まき』を行いました。



節分の豆まきには、「鬼に豆をぶつけることにより、邪気を追い払い、一年の無病息災を願う」という意味合いがあります。


施設内全館には「福は内!」、鬼になった職員に向かって「鬼は外!」と豆をまき、邪気を追い払ってもらいました。
鬼(職員)へ豆をまく利用者さんは、いつもより力強く、時には恐怖を感じるほどでした。


更生施設 浜川荘
指導員 篠崎 一夫